ようこそ ゲスト さん

商品ラインナップ

文化祭模擬店用商品

FAX注文について

店舗紹介

2022年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2023年01月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

       は定休日です

ご利用について

株式会社本間商店 包装店

営業時間:9:30 ~ 17:30
定休日:日曜・祝日

〒111-0035
東京都台東区西浅草 2-6-5
TEL:03-3844-5124
FAX:03-3844-5283

無地 御茶席懐紙



※購入の前に

掲載商品の仕様・価格などが予告なく変更される場合があります。また、諸般の都合により予告なく生産中止される場合があります。
掲載商品のカラー写真は、実際の色とは異なる場合がございます。お客様のご都合による返品はご対応いたしかねます。予め、ご了承の程宜しくお願い致します。

商品コード 18209
入り数 150枚
単価 450円
価格 販売価格 450円
(税込価格495円)

商品詳細

サイズ 145X175mm
素材 純粋パルプ
分類 懐紙
備考 1ケース100束入り

蛍光染料は使用してありません。

菓子をのせる和紙で、懐に入れるため小ぶりで二つ折りになっています。
茶席において出される主菓子および干菓子を取り分ける際に、客側が手元の皿の代わりに使います。
この際、束のままでわさ(折り目のある側)を手前に置いて扱い、使い終わると右肩か左肩で箸を拭います。
食べ終わった後から一枚だけめくり返して、粉などが落ちないように注意して懐や袂にしまいます。
薄茶の場合は、飲み終わった後に茶碗の飲み口を指でぬぐい、その指を懐の懐紙で清めます。
濃茶の場合は、茶碗の飲み口を直接、懐紙または小茶巾と呼ばれる専用の布や紙でぬぐいます。
菓子を食べきれない場合は、懐紙に包んで懐や袂にしまいます。
懐紙は茶席では、なくてはならないものですが、普段でも食事の時、ポチ袋や一筆箋(メモ用紙)として使うなど、さまざまな目的で活用できます。

前の画面へ戻る


PAGETOP

Copyright(c) 2014 HONMA STORE Co., Ltd. All Rights Reserved.